スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBC連覇とファシリテーション

一昨日のWBC決勝は世界一を決める大会のファイナルとして最高の盛り上がりでした。

大リーグのワールドシリーズというタイトルはあらためて欲しいものです。

試合後のシャンパンファイトや会見の映像を何度も見ましたが、本当にまとまったよいチームでしたね。

原監督も采配は?の部分もあったかもしれませんが、何よりも個人の力がチーム力として最大に高まるようなチーム作りは素晴らしかったと思います。

昨年くらいからファシリテーションと言う言葉を耳にするようになりましたが、原監督は優秀なファシリテーターで人間として素晴らしい人だと思います。(僕個人はタイガースファンです)

ファシリテーションとは促進するという意味で、個人の力が高くてもばらばらに活動していてはチームとして機能しません。

成果主義などを取り入れた企業が、プロ野球に例えると4番バッターばかりが集まり、全員がホームラン狙いなので結果が出るときは大量得点になりますが、守りに入ったときには弱い組織になってしまった、というように偏差値の高い人間だけを集めることの限界に気づき、その反省から、最近は個々の人間が持つ違った能力と特性に応じた組織作りが見直されるようになってきました。

今後の傾向として、企業やプロジェクトチーム、組織団体のメンバーが能力差があってもその人それぞれの持ち味をだし、のびのびと力を発揮できる環境作りを促進する人をファシリテーターと呼び、その重要性がますます注目を浴びてくるでしょう。

キャリアカウンセリング、コーチング、コンサルティングなどを超えた新しい提案です。
興味のある方はお問い合わせ下さい。

http://www.i-ms.co.jp/meishi/form.html
スポンサーサイト

WBC決勝

WBCで日本国中盛り上がっています。

大会方式の是非はいろいろとありますが、日本と韓国が他の国よりも緻密さでは抜けています。
短期決戦では絶対的有利です。

それに、甲子園で活躍した選手がいるとトーナメントでの戦い方を知っているのでなんか頼もしく見えてしまします。韓国も気合入りまくりで面白い試合になると思います。

個人的には1、2回で5点くらいとって、あとは安心しながら観戦できる試合展開が希望です。
(最近高めの血圧のためと、絶叫アナウンサーがうるさいから)

その日本代表(侍ジャパン?これもなんかねー・・・・)に多くの選手を出している西武ライオンズの渡辺監督の記事が朝日新聞に載っていました。すごく共感できたのでシェアしたいと思います。

寛容が潜在能力を引き出す。

選手との対話を重視し、ミスに寛容に構える。

「チームの勝利と選手の成長のどちらかを選べと聞かれたら選手の成長をとります。勝利に徹しきれないのは僕の弱さ。でも選手が伸びればやがてチームは強くなる」


素晴らしい言葉だと思います。

昨日の宮崎

昨日は宮崎到着後木崎浜へ直行、朝の10時から空港に行く時間ぎりぎりの5時半くらい(休憩は約2時間)までずーと海の中。
波は思ったほどではなかったけど、久しぶりの海なので手ごろなサイズで十分楽しめました。

昼間は風が吹くので車の中で休憩しながらWBCでも見ようと思っていたら、レンタカーのテレビが映らない・・・・おかげでカリカリ(負けたので)しなくてすんだし、ゆっくり休憩できました。

今日の宮崎は雨降っているみたいだし、昨日でよかった

今日は背筋と太ももの筋肉痛です。
でも、これも心地よい疲労感です。

充電完了。今日も楽しくハッピーに!

宮崎

miyazak9.jpg
写真は昨年9月の宮崎某河口の肩~頭サイズ

今年になって波乗りやってません。

でも、明日はチケットもとれたし今年初の宮崎トリップです。

予報では東うねり、天気は晴れ水温18度

今日は早く寝なくては・・・・・・

盗難

16日の未明に僕が経営する店に空き巣が侵入しました。
5時前にセコムから連絡があって店に着いた時には警察も到着してました。

セコムの遠隔カメラとフォギープロテクションのおかげでドアをこじ開けて入ってきたものの、すぐにセコムからの警告と視界が見えなくなるガス噴射で退散した模様です。
備えあれば憂いなしです。

被害はショーケース1台のガラス破損で済みました。
これくらいで済んでよかった、ついてる、ついてる、ついてるー!

警察の方、セコムの方、朝早くから出て来てくれたスタッフの人ご苦労様でした。感謝してます。

少し眠いけど・・今日も楽しく、ハッピーに!


※フォギープロテクションによる威嚇・視界遮断の様子を動画でご覧いただけます。
http://www3.stream.co.jp/www09/secom/11247533/58713654.asx

第2回1日集中セミナー開催決定

4月19日、白金で第2回のセミナー開催が決まりました。

アインシュタインはこう言っています。
「常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションである」

今回は1日集中のセミナーで、自分が一歩踏み出そうとする時に邪魔をする感情や育ってきた環境で身についた価値感について考え、それが間違ったものなのならそこからの開放をして、そして未来に達成したいハッピーストーリーのイメージを作り出すワークをおこないます、また受講者の皆さんといろいろな感情の理解や向き合い方などをシェアーすることでたくさんの気づきを促すセミナーとなります。

前回同様に楽しみたいと思っています。

自分発見セミナー



2月28日に東京の代々木で開催したセミナーの風景です。

心理テストを随所に使い、これから起業やスキルアップ、自己啓発などにフォーカスされている人たちに自分自身を知ってもらいながら新しい気づきをみんなでシェアーし、ありのままの自分にOKを出すことが大切なのですよ、という内容で進めました。

4時間弱の長丁場でしたが受講者の皆さんの熱心な受講態度にも励まされ、あっという間の半日でした。また、超有名作家のセミナーを手がけている会社を経営している友人も途中から駆け付けてくれました。それまでは割と平静に進めていましたが、彼があらわれとたんに心臓はバクバクものでした。

でも、すごい応援のメッセージをみんなの前でいただきすごくうれしかったし、そのあとも最後までみんなと一緒になって受講してくれて感謝です。

以下はアンケートの抜粋です。

自分の人生を振り返ることもあまりないのでいいきっかけになりました。(女性)

一歩踏ふみだすときに妥協してしまう自分がいることに気がついた。(女性)

自分の人生でマイナス体験が転機となってプラスになっていることに気づけて良かった。(男性)

自分を素直に表現できると楽しくてわくわくするし、他人にも伝わって前向きになれた。(男性)

自分を知ることの大切さを改めて知った。(男性)

みんなたくさんのメッセージ感謝します。

そして、アンケート用紙の全部に「次回も参加したい」と書いてありました。

しあわせです。


20世紀少年 最後の希望

http://www.20thboys.com/

20世紀少年 第2章、最後の希望をやっと見てきました。

知らない人は興味無いかも知れませんが、作者の浦沢直樹さんと僕は生まれた年も同じでこの作品の時代背景がすごくよくわかるのでマンガも全巻大人買いしています。

特に70年の万博についての描写は楽しくて懐かしくて最高です。

当時、僕は大阪と京都に親戚がたくさんいた関係で(万博組です)春休みと夏休みに何回も連れて行ってもらいました。三菱未来館、日立グループ館、住友童話館、古河パビリオンなど今のテーマパークやシュミレーションアトラクションの原型が全部そこにあったように思います。

思えばこのときの衝撃が未来は素晴らしいという潜在意識を作り出したのかもしれません。そして、その体験が今でも自分の未来を信じている核のようなものだと思い、素晴らしい体験をさせてくれた親戚や親に感謝しています。

知らない人には伝わりません。たぶん・・・

でも、あそこにあった未来は全部実現しているのではないかと思います。
(たまに人間洗濯機のような変なものもあったような気がしますが、それは御愛嬌)

思考は現実化するのです。

第3章は8月29日封切りです。結末はマンガとは少し違うらしい・・・・・

楽しみに待ちましょう!

制御不能

実に自己は自分の主(アルジ)である。自己は自分の帰趣(ヨルベ)である。故に自分を制御せよ。

ブッダの言葉です。

昨晩久しぶりに制御不能に陥りました。

何がって?

お酒の飲みすぎでまったく覚えておりません。

反省!

そしてそんな自分を赦します。

ということで、ざんげも終わったし、楽しく行きましょう。

だってね、ネガティブに考えていてもネガティブなことを引き寄せるだけです。

ネガティブなことが、自分のアンテナに引っかかりやすくなるのです。

こういう状態のときに気分を変えるために公園に散歩に行ったとしても、目に付くものはといえば、たぶん犬のう○ことかポイ捨てされたタバコの吸殻とかそういうものです。

でも、逆に楽しいことを考えていると、きれいに咲いている花や楽しそうに遊んでいる子供とかそういったものが目に入ってくるはずです。

つまり、感謝している人は「ありがとう」って言いたくなる現象に出会いやすくなるし、不平不満を言っている人はクレームを言いたくなる状況に出会います。

さあ、どちらの一日を送りますか?

もちろん僕は感謝の一日です。

今日も楽しくハッピーに!

感謝してます。


私は私

今日の朝日新聞にドイツ期待のファッションモデルとして期待されているトーニ・ガルンさんの記事が載っていました。
先日のセミナーの中身とも関係があるのでシェアしたいと思います。

http://nymag.com/fashion/models/tgarrn/tonigarrn/

06年ドイツワールドカップのパブリックヴューイングでスカウトされ07年にはカルバン・クラインの専属モデルに抜擢、その後も世界のファッション誌の登場しています。

スターダムに駆け上がればモデル業に専念するためにパリやニューヨークに移り住む業界の常識に背を向けて仕事は週末だけで大学入学を目指し、生活の8割を学校で過ごす普通の16歳です。

その彼女がドイツ人のスーパーモデルのクラウディア・シファーさんの後継者としての期待に答えた言葉が、「私は私」です。

つまり、doingでもhavingでもなくbeing(そのままの自分)が満たされているので他者との比較ではなく自分自身の今を楽しめることができるのです。

doingもhaving欲求も必要です。でもbeingが欠落したままだとコップの水はいつまでたっても満たされることはありません。

伝わりましたか?

ただ今8時23分、今日は今年から始める予定のあしなが育英会神戸レインボーハウスでのボランティア活動の面談です。

そして夕方からは「浪速の爆弾花火」福満先生のマーケティング、プレスリリース、その他いろいろの個人コンサルティングです。

http://office.tenpachi.jp/producer.html

楽しんできます。

今日も楽しくハッピーに!

大成功

初セミナーは昨日無事終了しました。
参加者の方、主催者のシン、感謝しています。

結果は僕の中では大成功、たくさんのおほめの言葉も頂きうれしい限りです。

ただ、そのあとの懇親会で調子にのりすぎて帰りの新幹線がなくなってしまい、でも今日はどうしても出席しなければならない勉強会があり夜行バスで大阪に帰って来ました。

一番高いシートに座ったけれど、酔いがまわって気分が悪く寝れませんでした。とほほです。

というわけでセミナー報告は次回にして、今日は寝ます・・・・・・・・・・
プロフィール

じん

Author:じん
日本ウェルスダイナミクス協会
認定プラクティショナー

ウェルスダイナミクス
プロファイル判定
スカイプ無料セッション付きの申し込みは↓
プロファイル判定受験

無料メルマガ《ちょっと使える心理学》登録は↓
《ちょっと使える心理学》

自分らしく成功する秘訣↓
自己分析無料メール講座

わたしが提供できる価値
Coaching
望む未来を明確化し、最速でかなうお手伝いをします。
Counseling
あなたの中の本当の自分を見つけ、自分らしく生きることを応援します。
Seminar
セミナー、講演会、研修も随時受付ております。

プロカウンセラー協会会員
株式会社アイムス 代表取締役
京都府出身。大学を卒業後、超大手アパレル企業に入社。
40ヶ月連続予算達成記録とともに入社5年で30店舗の販売員を管理する営業に抜擢。同時に主任クラスでは異例の営業企画も兼任。
1993年退職、友人の起業パートナーとして専務取締役に就任。企業・経営の基礎を学ぶ。
1997年株式会社アイムスを設立代表取締役に就任。
http://www.i-ms.co.jp/
2002年大阪で貴金属・時計・ブランド品の買取販売のショップをオープン
http://www.87kura.com/
起業してから2~3年で繰り返す経営の浮き沈み、人材の流出、事業のスクラップ&ビルドを経験。それに伴う家庭の混乱の原因を探るうちに、すべては経営者(自分自身)の問題だということに気づく。そこから生育歴の欠損やトラウマをカウンセリングで解消。間違った信念や価値観をコーチングによって書き換え、ありのままの自分を承認することで本当の自分と出会う。
2005年より自身の起業や挫折、成功などの経験をもとに、経営者やこれから起業をめざす人達のために自分らしい生き方を見つけ、自分らしさを失わずに望む未来を達成することを応援するコーチング・カウンセリングを開始。
http://www.iam-ok.com/

写真は09年バリ島エアポートリーフ・ライテンダー

カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
自己分析でなりたい自分発見
自分らしく成功無料メール講座

大きなコンクリートを静かに壊す方法
ダイヤモンドワイヤーソー

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。